【税理士法人マウナブルー】保育士から税理士法人への転職。簿記3級を取得して踏み出した新しい一歩

【税理士法人マウナブルー】保育士から税理士法人への転職。簿記3級を取得して踏み出した新しい一歩
転職成功インタビュー

【税理士法人マウナブルー】保育士から税理士法人への転職。簿記3級を取得して踏み出した新しい一歩

転職成功インタビューvol.2

 

会社名:税理士法人マウナブルー


突然ですが、皆さんはなぜ簿記の勉強を始めましたか?   
理由はさまざまあるかと思いますが『簿記を取得して今の環境を変えたい』、そんな思いで勉強に励んでいる方は多いのではないでしょうか?   

今回お話を伺ったのは、CPAラーニングを活用し簿記3級を取得、税理士法人マウナブルー様(以下敬称略)に転職をした柿内さん。14年間ブランクなしで保育士をされてきたとのことで、会計のお仕事は今回が初の挑戦になります。   

税理士法人マウナブルー様に興味がある方はもちろん、「未経験から入社したらどんな仕事をするの?」「税理士法人って経理と何が違うの?」「やりがいは?」「大変なことは?」など、未経験から会計人材への転職事情に興味のある方は、ぜひ最後までお読みください!

 

プロフィール

インタビュイー:柿内さん   
入社時期:2023年10月   
出身:京都府   
前職:保育士

 

私が【税理士法人マウナブルー】を選んだ理由

 

前職では保育士のお仕事をされてきたとのことですが、転職を決意されたきっかけを教えていただけますか?

 

20代の頃から「新しい何かを勉強して違うキャリアを築きたい」という気持ちはあったのですが、30歳になったことで「最後の挑戦をしよう!」と気持ちが固まりました。   

新しい何かに挑戦するなら、自分の勉強したことが形になって、仕事にも直結するものがいいなと思ったので、色々調べた中で簿記を勉強することにしたんです。   
 


 

簿記取得後、事業会社の経理ではなく税理士法人で働きたいと思った理由はどのようなものだったのでしょうか?

 

そもそも経理と税理士法人・会計事務所の違いも分からなかったので、最初は簿記が活かせる仕事を調べるところから始めました。

そんな中で出会った記事に「会社さんの経理は自分の会社のための経理をする。税理士法人や会計事務所は、お客様のための経理をする」という説明があって、すごく腑に落ちたんです。   

今までは「保護者さんのために、お子さんのために」というお客様のことを一番に考えてお仕事をしていたので、『自分の会社のための経理』より『お客様のための経理』の方がイメージしやすかったのと、経験や性格的にもやりがいを感じられるんじゃないかなと思って、会計事務所・税理士法人で探すことにしました。   
 


 

数ある会計事務所・税理士法人さんの中でも、マウナブルー様に入社しよう!と思った決め手はどのようなものだったのでしょうか?

 

もともと転職エージェントやハローワークで応募を決めていた企業さんもあったんですが、CPAジョブズの存在を知って、未経験でも応募ができる求人を検索した際にマウナブルーに出会いました。   

マウナブルーの求人に書いてあった「※ご本人の希望と適正を考慮し、段階的に業務内容のメニューを増やしていきます。ただし、当社の基本的な考えは「会社から指示する」より「ご本人の希望を尊重したい」です。」という文章がすごく印象的で、まず応募を決めました。   

保育士をしていたときもそうだったんですが、どんな仕事をするにしても「向上心を持って働き続けられたらいいな」と思っていて。その文章を読んだときに、この会社なら実務をしていく上で「もっとこういう勉強をしたいな」とか「こんなことができたらいいのにな」という思いを抱いたときに、色んな選択や相談をさせてもらえる環境なんじゃないかなって感じたんです。   

前職でも「より良い保育をするには」「もっと自分が良い姿でいられるようには」そんな風に考えることが仕事のやりがいにも繋がっていたので、転職できた先でもそう思えることが理想でした。   
 


 

マウナブルー様に入社してからの3ヶ月間、どのようなお仕事を経験されてきましたか?

 

簿記は3級しか取っていないのですが、その中で分かるような仕訳入力をさせてもらっています。業務自体はお客様の収支状況の入力といった基礎的なものなのですが、3ヶ月間で徐々に担当企業様の数が増えてきて、お客様によってやり方が違う部分を、一つひとつ先輩方に教えていただきながら対応しているような状況です。   

あとは研修ですね。入社してからもCPAラーニングの経理実務入門を業務の中で見させていただいていて、継続してお世話になっております(笑)   
 


 

なんと…引き続きありがとうございます!実務と研修を並行しながらの3ヶ月間とのことですが、転職してからの毎日は楽しめていますか?

 

「楽しい」というよりは、何も「苦」じゃない、っていう方が合っているかもしれません。もちろん仕事は楽しくやれるに越したことはないと思うんですが、楽しいだけではないと思うので、今みたいに「しんどいなぁ」と思うことがないのは大きいことだなと思っています。   
 


 

「苦」じゃない、って実はすごいことですよね。そんな中でも「これは大変!」と思われることはありますか?

 

今まで10年以上一つの仕事をしてたので、前職では逆にできないことがなくなってたんですよね。そんな状態から『何もかもできない世界』に入っているので、この歳になって自分の「知らない」「できない」に向き合うのは大変だなぁと感じるときはあります。あとはお金を扱う仕事なので、正確にやらないとというプレッシャーもありますね。

 

▲左:柿内さん 右:柿内さんの面接も担当された採用担当(税理士)の山田さん

 

【税理士法人マウナブルー】に入社してみて

 

 

挑戦したからこそ分かる大変さですね…!でもその分やりがいも大きいのではないでしょうか?

 

本当にそうなんです。「今まで出来なかったことができるようになる」とか「昨日まで知らなかったことを知れる」っていうのは、自分の成長も感じられて嬉しいですね。   

自分の業務量はまだ決して多くはないんですが、つい先日税理士の先生が「量じゃないよ、柿内さんの仕事は確実にお客様のためになってるんだよ」とおっしゃってくださって。それがすごく嬉しかったですし、自分の業務に対してもそうやって考えるようにしようと思えるようになりました。   
 


 

嬉しいお言葉ですね。既に社内の方と素敵な関係を築かれているのが垣間見えますが、マウナブルー様の職場環境に対して、入社前後のギャップはありましたか?   

 

いい意味で、先生方との距離の近さは少し印象が変わりました。私を入れて7名のメンバーがいるんですが、同じ立場のアシスタントとしておられる先輩方も本当に皆さん親切で、何か質問をすると「ちょっと待ってね」とも言われないくらい、すぐに手を止めて「どうしたん?」って聞いてくださるんです。   

また税理士の方々に対しては『先生』というイメージが強かったので、少し距離が遠いのかなと思っていたのですが、同じポジションの先輩方と同じように、何でも質問が出来たり相談が出来たり、意見を言いやすいようにしてくださっているのが本当にありがたいなと思いますね。


 

採用担当の山田さんも『柿内さんが「こういうことを聞いたら笑われるんじゃないか?」なんて考えずに発言できるような環境づくりを意識している』とおっしゃってましたが、それが社内のメンバーにも浸透しているんでしょうね。

 

本当にそう思います。言葉でも伝えてくださっていますし、皆さんの発言や行動からも、近い距離に居てくださるのはすごく感じます。   
 


 

素敵な出会いだなと感じますが、初対面の面接ではいかがでしたか?

 

緊張してこんな風に話せなかったので、とんでもなかったと思います(笑)   
「経歴に興味を持ってもらえるだろうか?」と自信がない状態だったんですが「求めているのは知識じゃないからね」と言って「前職はどんなことをしていたの?」とか「お仕事を通してどういうことを考えてた?」とか、そういった話をたくさん聞いてくださいましたね。   
 


 

面接前は「どこをアピールすればいいの?」というお悩みがあったのかなと思うんですが、事前に考えられていたアピールポイントはありましたか?

 

自分でも「アピールできることなんてあるのか…」と思っていたんですけど、保育士って、お子さんだけでなく保護者さんだったり、いろんな立場の方と関わるお仕事なので、そういった『関係づくり』に関するエピソードはアピールしてもいいのかなと思っていました。   

保育士時代特に意識して取り組んできたことでもありましたし、先輩方や上司の方にも評価していただいていたところだったので、マウナブルー様の面接でもお話ししましたね。   
 

【税理士法人マウナブルー】で描く将来像

 

密度の濃い3ヶ月を過ごされてきたかと思いますが、実際に税理士法人に入社してみて、今後どのような未来を想像されていますか?

 

私たちのお仕事って、12月だったら年末調整、3月には確定申告、といったように決まった流れがあるものも多いのですが、今はまだ何もかも見通しが持てない状態なので、1年間の流れや日次業務と月次業務の繋がりを掴んで、日々の業務も計画的にできるようになりたいですね。

 


 

「お客様との関係づくり」というお話もありましたが、まだお客様と直接コミュニケーションを取る機会はないのでしょうか?

 

まだないんです!今後お客様と直接関われるようになると、より強く仕事の喜びを感じられるだろうし、日々の業務との繋がりも見えるようになるんだろうなと思うので、その日が来るのが楽しみです。

 


 

「点」ではなく「線」でお仕事ができるようになると、理解度はもちろん、やりがいを感じられる機会も増えますよね!最後に、今CPAラーニングで簿記を学んで転職を決意されている方、もしくは4ヶ月前のご自身に向けて、何か伝えられることがあれば一言いただけますでしょうか?

 

自分も20代のときは「転職」だったり「新しいことを勉強する」っていうことに何度も足踏みして、悩んだこともあったんですが、「諦めずに挑戦して良かったな」っていうのは本当に思っています。   
具体的なことは何も言えませんし、「元保育士」というすごく稀な例ではあると思うんですけど、「こんなパターンもあるんだ!」と少しでも背中を押せたら嬉しく思います。   
 

「一歩を踏み出す勇気がなかなか出ない」という方にぜひ届いてほしいですね。CPAラーニングも柿内さんのような方を増やせるように頑張ります!貴重なお話をありがとうございました!

 

 

税理士法人マウナブルーの求人はこちら!

 

https://cpa-jobs.jp/job/2894

※現在未経験の方の積極採用は行っておりません。

 

タグ